毎年掛けている「火災保険・地震保険」を活用できていますか?

例えば、屋根のしゅうりが適用範囲内に!

※すでに実費で修繕された屋屋も、数年前までさかのぼって事後申請が可能です。
※保険の種類によっては補償されない場合もあります。

多くの方が火災保険に使って修理できる対象が「火災」のみだと思われているようですが、実は多くの場面で修理が可能に。有効な活用方法に気付いていない方がたくさんおられます。ですが、保険申請は、非常に難しく素人ではとても太一打ちできません。
そこで、当社が的確な申請を無料で調査、申請まで支援させていただきます。

 

家屋の専門家が調査。基準をクリアすれば保険金が給付されます。

※保険が全額認められた場合となります。

 

知っているか知らないかでこんなにも違うのかと痛感することでしょう!

そもそも屋根の修理って、どの位かかるの?

一般的な業者に依頼した場合、参考価格

●外壁の張替:380万円/200ml
●天井の雨染み:9,000円/㎡
 ●雨どいの破損:50万円/50㎡
●瓦の割れ:8,000円/㎡
 ●防水シート破損:7,000円/㎡
 ●板金屋根葺替え:180万円/120㎡

いかがですか?想像以上に高い修繕費!

こんなに修理費用が高いなら、屋根の修理くらい自分でやろう。大工道具も揃ってることだし…とお思いの方、それは間違いです。自分で修理したところで、所詮その場しのぎです。天災や長年の暴風にさらされてしまう家屋は、家族を守る大事な場所。素人では葉が立ちません。そこは職人にお任せするのが、一番の得策!

  1. 過去の自然災害(概ね3年前後)で工事済みでも、請求書か領収書があれば申請可能です。
  2. 屋根が雨漏りしていなくても傷んでいれば申請可能です。
  3. 新潟県の自然災害状況
    ・12月~3月/雪害
    ・3月~5月/突風
    ・8月~11月/台風

この様に新潟県では、1年の大半は危険な状況にさらされています。

経年劣化だからとあきらめないで!

「もう古いから、経年劣化だから」と諦めてしまっている方が多いようです。

しかし、経年劣化で屋根に修理が必要になることはまずあり得ません。

私たちが屋根を調査した結果、屋根に何らかの風災痕跡が発見できています。

もちろん、100%風災で屋根修理が必要なことは稀ですが、経年劣化と風災が混在していて保険申請は可能です。屋根の傷みは100%経年劣化だけではないことを覚えておいてください。

きっとあなたの屋根も木枯らしやつむじ風等で、経年劣化と同時に風災にも遭っているはずです。